ITパスポート合格は「通信」が最適な理由

ITパスポート合格の標準的な学習期間は2カ月から6カ月と言われています。かなり幅がありますが、少しでも学校で学んだことがある、あるいは実務経験があるというだけで違ってきます。

そして、難易度によって変わることがないのは、きちんと準備をして試験に備えなければならいということ。いくら入門編でも、基礎ができていなければ合格できません。試験に合格しようと思えば、勉強に時間を費やして当然です。それも、効率よく学び、十分な知識が身につく方法で準備を進めましょう。

資格を取るための勉強法は3つ。「通学」「独学」、そして「通信」が一般的です。中でも、「通信」がトレンドであり、数多くの通信講座が溢れています。学業や仕事との両立が前提になりますから、時間的な制約がなく、かつ効率が良い勉強法がベスト。

通信講座で勉強する:「通信」

自分が好きな時期(時間が取りやすい、集中して勉強できる時期)にスタートできます。社会人は年末や期末は繁忙期になり、思ったほど時間が取れません。学生であれば夏・冬休みがあるので、そのタイミングで受講することができ効率的です。しかも、しっかりとしたカリキュラムが組まれ、テキストや問題集、CD・DVDなどが届くのですぐ始められるのも大きなメリットです。やればやるだけ手応えを感じるのも「通信」だからこそ。

自分一人で勉強する:「独学」

市販のテキストや問題集、参考書を揃えるだけなので経済的です。マイペースは「通信」と同じ。ですが、カリキュラムがないとどこまでやればいいのか不安を感じてしまます。疑問点があった時、質問できないのがデメリットです。

学校に通い勉強する:「通学」

直接講義を受けるので緊張感があります。他の人と一緒に講義を受けることで刺激を受け、モチベーションがアップ。ただし、受講料が高いこと、自分の都合に合わせて通える学校がないのが最大のデメリットになります。

それぞれ特徴があり、どれを選ぶかは自由。ただ、インターネット等で情報収集すると上記のような内容をよく目にします。最近は通信講座が充実しており、トレンドになっています。となると、どの通信講座を選ぶべきかが合格のカギになります。
※口コミで人気のITパスポート通信講座 ⇒ http://it-tsusin.com/

<< 前のページ次のページ >>