スキルレベル1:ITパスポート

難易度Cランクと言われるITパスポートは、試験実施機関IPA(独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター)が定めるスキルレベル1の国家試験。スキルレベルは1~4まで設定されています。

スキルレベル2の「基本情報技術者」は難易度Bランク、スキルレベル3の「応用情報技術者」になると難易度がAランクに上がります。スキルレベル4は高度情報処理技術者試験として区分され、難易度もAAランク。合格するにはそれ相応のスキルやキャリアが必要になります。

  • スキルレベル1:No.1 ITパスポート
    職業人が共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識を備え、情報技術関連業務や、担当業務に対して情報技術を活用することができる。
  • スキルレベル2:No.2 基本情報技術者
    高度IT人材としての基本的知識・技能を備えている。実践的スキルを身に付けている。
  • スキルレベル3:No.3 応用情報技術者
    高度IT人材としての基本的知識・技能を備え、それらを活かす方向性を確立している。

「ITパスポート」の資格を持っていても、専門性が高い業務に対応できる訳ではありません。その代わり、さまざまな職種で活かせたり、幅広い業務に当たれたりします。「基本情報技術者」は、企業における情報システム開発や運用・保守といった分野で力が発揮できます。IT化の推進なくして企業の成長戦略が絵がけないような社会情勢になっていますから、就職や転職にとても有利な資格と言えます。

「応用情報技術者」は認知度が高く、ニーズも多い資格のひとつです。以前の制度では「ソフトウェア開発技術者」と同じレベルの国家試験で、「基本情報技術者」の上位にランクされています。プログラマーやSE(システムエンジニア)を目指すなら最適の資格です。また、この資格を取得できれば、さらに上位を目指すモチベーションになります。まずは、ITパスポートを! そこからスキルアップとステップアップを視野に頑張ってください。

<< 前のページ次のページ >>