ITパスポート難易度「C」

IPA(独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター)が実施する国家試験のひとつがITパスポートです。そもそも「情報処理技術者試験」が生まれたのは、「情報処理の促進に関する法律」に基づいてのこと。情報処理技術者としての知識・スキルの水準を国が認定(=国家資格)することで、人材育成や活用が広がるという狙いがあるからです。

そのなかで、ITパスポートは入門編であり、難易度はCランクに設定されています。ちなみに「C」は国が定めたものではありません。他の試験との比較で一般的に捉えられているランクです。インターネットなどで検索してみると、概ね定番化しています。
「スキルレベル1」についてはIPAのホームページに掲載されている通りです。

⇒ http://www.jitec.ipa.go.jp/

スキルレベル「1」~「4」

IPAが実施する「情報処理技術者試験」の区分でスキルレベル1に設定されているITパスポート試験の難易度Cランク。ビギナー向けの国家資格であり、他の試験と比べてもハードルは低いので、ぜひとも合格を目指したいものです。

No.

試験区分

略号

1

ITパスポート試験

IP

2

基本情報技術者試験

FE

3

応用情報技術者試験

AP

4

ITストラテジスト試験

ST

5

システムアーキテクチャ試験

SA

6

プロジェクトマネージャ試験

PM

7

ネットワークスペシャリスト試験

NW

8

データベーススペシャリスト試験

DB

9

エンべデッドシステムスペシャリスト試験

ES

10

情報セキュリティスペシャリスト試験

SC

11

ITサービスマネージャ試験

SM

12

システム監査技術者試験

AU

※ITパスポート合格におススメの通信講座 ⇒ http://it-tsusin.com/

<< 前のページ次のページ >>